上記の結果表は中山競馬場で開催された芝2200m、3歳オープンの馬齢G2レース、セントライト記念の過去5年間のハイブリッド指数の結果をまとめたものです。このレースの過去5年間の三連複配当ですが、昨年の3桁配当のド安めの結果もあれば、2015年の12万超えの大万馬券もあり、こちらもローズステークスに負けず劣らず傾向の掴めないレースとなっております。完全無印馬も2頭が馬券に絡んでいるこのレース、果たして的中のヒントはあるのでしょうか。

馬名
昨年を除く残り4年でOS馬が馬券に絡んでおり、2頭出しの成功率は高い傾向です。今年も社台レースホース、本間オーナーの2組のOS馬たちがスタンバイ。さらにKS馬の方も池江厩舎が2頭出し。当然注意は必要であります。栗東所属馬の方ですが、新潟開催だった2014年は2頭が馬券に絡んでいるものの、それ以外の中山開催の年は1頭、昨年は0頭と占有率は美浦所属馬の方が上回っています。

人気
過去5年間で馬券に絡んだ1番人気馬は3頭、2番人気馬は2頭と上位人気馬の信頼度はイマイチの傾向となっています。ちなみに1番人気を裏切った2013年のヒラボクディープですが、前走東京優駿で13着の大惨敗を喫していた馬でした。近2走の上がり3ハロンも悪く軸馬としての信頼度は低い印象の馬でした。2015年のサトノラーゼンですが、前走東京優駿2着を評価されての1番人気でしたがこの馬も近2走の上がり3ハロンが悪い馬でした。一方馬券に絡んだ1番人気馬3頭は近2走で上がり3ハロン3位以上の末脚をマークしていた馬でした。過去の結果からは14番人気馬までは馬券の対象として考える必要があります。

指数
過去5年間で馬券に絡んだ指数1位馬は3頭、指数2位馬は1頭とこちらも指数上位馬の信頼度はイマイチの傾向となっております。ちなみに指数1位馬で着外に敗れた2013年のバンデですが、前走500万特別からの参戦馬。前走の指数はベスト1指数の63をマ-クしていたものの、洋芝の稍重馬場でマークされたものであり指数の信頼度の低い馬でした。2015年のサトノラーゼンですが、前述した理由以外にもこの年の東京優駿がハイペースだった事が挙げられます。サトノラーゼンはハイペースで流れる中4コーナー7番手から2着になったように漁夫の利で上位入着した馬でした。この年優勝したキタサンブラック、2着のミュゼエイリアンの2頭はハイペースで流れた東京優駿を先頭、2番手で競馬していた馬でした。当然評価はレースレベル白抜き。この年の東京優駿で強い競馬をしていたのはキタサンブラック、ミュゼエイリアンの2頭だったことがこのレースで証明された結果となったのでした。2012年を除く残り4年でレースレベル白抜き馬は馬券に絡んでおり、今年は指数ダントツ1位馬が出走しない印象ですので、指数6位以上のレースレベル白抜き馬に注目したいところです。

脚質
過去5年間で馬券に絡んだ推定前半3ハロン上位馬が6頭に対し、推定後半3ハロン上位馬は9頭と占有率は推定後半3ハロン上位馬の方が上回っています。昨年は逃げ馬が4頭も揃い、レベルの高い馬が揃いましたので推定後半3ハロン上位馬同士の決着となりましたが、2014年や2015年のように推定前半3ハロン上位馬が上位独占する年もあり、一概に推定後半3ハロン上位馬が活躍するレースになっていない印象です。今年は逃げ馬がサンデームーティエと地方馬のブラックロードの2頭しかいませんので、スタミナ豊富な推定前半3ハロン上位馬を軸馬にするのも面白そうです。

距離・コース
距離に関しては2200mと云う特殊な距離のレースですから、未経験馬が多く馬券に絡んでいるのも致し方ありません。むしろ2200mの距離で実績のあった馬がまったく馬券に絡んでいないのも特筆すべき点であります。コースに関しては中山芝コースで4着以下の無い◎の馬が毎年馬券に絡んでおり、コース適性は考慮した方が良さそうです。


2013年を除く残り4年で近1年程度のG2クラス以上の重賞で優勝経験のあった馬が馬券に絡んでいます。今年の該当馬はアルアイン1頭しかいません。ちなみにJRAの分析データですが、過去6年の優勝馬はいずれもJRAのレースで4コーナーを8番手以下で通過して3着以内に入った経験のあった馬で、通算出走数7戦以下、前走の馬体重468キロ以上の馬だったそうです。今年の該当馬はアルアイン、ストロングレヴィル、チャロネグロ、ミッキースワローの4頭。果たしてこの中に今年の優勝馬はいるのでしょうか。

前走
2013年を除き残る4年で東京優駿からの参戦馬が優勝しています。その2013年ですが、前走東京優駿参戦馬が1番人気だったヒラボクディープ1頭とレベルの低いメンバー構成の年でした。平場500万条件戦からの参戦馬も3頭が馬券に絡んでおり、軽視出来ない印象です。

以上の各ファクターを踏まえて軸馬を考えると、中山芝コースで4着以下の無い◎の、指数6位以上のレースレベル白抜き馬の、推定前半3ハロン上位馬となりました。格のファクター及びJRAの分析データに該当したアルアインが各条件をクリアーすれば軸馬となりそうです。ハイブリッド新聞の発表を待ちたいと思います。

スポンサーサイト

コメント 0

新着記事一覧