上記の結果表は函館競馬場で開催された芝1200m、2歳オープンの馬齢G3レース、函館2歳ステークスの過去5年間のハイブリッド指数の結果をまとめたものです。

先週の記事ではKLANの活用法について少々書きましたが、せっかくなのでスポンサーサイト用のコーナーを作り、KLANの紹介をすることにしました。

実際は会員登録しなくても私の予想印や評価印、レースメモは見ることは出来ますが、過去のご自身の予想印を残したいなら会員登録するしかありません。

重賞はハズしまくる私ですが、努力の甲斐あって特別レースの万馬券も徐々に量産できるようになりました。

是非ともこのブログの右側にありますKLANのバナーをクリックして頂き会員登録してもらって、ご自身の予想力を高めてもらいたいと思います。

さらに予想力を高めるために必要なのが競馬知識。

KLANの下にありますブックパスで無料会員登録すれば1ヶ月無料で高額な馬券本を全てタダで読めるようになります。

しかも無料期間中に解約しても料金は発生しないという優しさ。これは絶対会員登録するべきでしょう!

こちらもブログの右側にありますブックパスのバナーをクリックしてもらい会員登録することをお勧めします。



さて函館2歳ステークスの過去5年間の三連複配当ですが、2012年、2015年は万馬券に届かない中穴配当でしたが、残りの3年は万馬券の波乱の結果となっておりマトモに予想するには難解なレースとなっております。何しろこのレースに出走してくる馬は全て前走1着馬。指数の高さが反映される甘いレースではないことを毎年味わっている私であります。果たして今年は的中なりますでしょうか。

馬名
2015年には黒岩厩舎のKS馬ヒルダが馬券に絡んでいますが、馬券に絡んだのはその1度きりで2頭出し自体の出走が少なく、低調な結果となっております。考えて見れば、この時期2頭以上の新馬勝ち上がりの馬主、厩舎は、レースを使い分けたくなるもの。無理してこのレースにあえて2頭出す必要はありません。今年もやはり2頭出しを敢行するOS馬、KS馬の出走はありませんでした。栗東所属馬の方ですが、過去5年間で馬券に絡んだ馬が7頭と若干占有率は美浦所属馬に比べて低いものの、ほぼイーブンな結果。あまり気にしなくてよさそうであります。

性別
2012年こそ牝馬1頭、牡馬2頭の混合で馬券決着しましたが、残りの4年は見事なくらい牝馬のみ、牡馬のみで3頭づつ交互に馬券に絡んでおります。仮にこの法則通りなら今年馬券に絡むのは牝馬。果たしてその通りになるのでしょうか。

人気
過去5年間で馬券に絡んだ1番人気馬は3頭、2番人気馬は2頭と上位人気馬の信頼度はイマイチですが、どちらも馬券に絡まなかった年は無く、軸馬を選ぶなら1番人気馬、2番人気馬のどちらかと云う事になります。ちなみに1番人気を裏切った2012年のアットウィルですが、同馬の前走は3番手で先行していたものの前半3ハロンは36.5秒の緩いペース。当然このレースでも4コーナーで10番手からの競馬となってしまったのでしたが、他に速い上がりを繰り出す馬が多く5着に敗れたのでありました。2014年のマイネルエスパスですが、前走の指数はダントツ1位ではあったものの、この年はアクティブミノルが逃げる展開となりこれに追走していたマイネルエスパスは直線失速。結果として前走の同馬の上がり3ハロンはレース中3位でしたから末脚が残っていなかった可能性があります。1番人気馬で馬券に絡んだ3頭に共通するのが前走レース中の上がり3ハロン1位の末脚で勝ち上がってきた馬だったこと。過去の結果からは13番人気馬までは馬券の対象として考える必要がありそうです。

指数
過去5年間で馬券に絡んだ指数1位馬はたったの1頭、指数2位馬も2頭と短距離の指数が活きるレースと思いきや上位指数馬の信頼度は低いレースとなっております。昨年も書きましたがこの時期の2歳馬は日々成長する時期です。前走の指数を鵜呑みにするのは危険であることは間違いありません。ちなみに指数1位馬で敗れた馬のうちマイネルエスパスを除く3頭は中2週と間隔が短いローテーションで参戦した馬でした。中3週以上間隔を開けて参戦した馬が指数を伸ばすレースと見て良さそうです。そして2013年を除き残る4年でレースレベル白抜き馬が馬券に絡んでおり、指数は低くても注意は必要であります。

脚質
毎年前走逃げて参戦した馬が多く、ハイペース気味のレースとなりやすいため推定後半3ハロン上位馬が馬券に絡む馬が9頭と占有率は推定前半3ハロン上位馬を上回っております。しかし今年は逃げ馬が4頭と過去5年間で2015年と並び2番目に少ない頭数。前半3ハロンは昨年よりも遅く34秒台のペースになりそうな予感がいたします。推定前半3ハロン上位馬の前残りにも注意したいところです。

距離・コース
馬券に絡んだほとんどの馬が距離・コース共に4着以下の無い◎の馬なのは戦歴の少ない馬のレースですからしょうがないところです。但しどちらかでも×印の付く馬は1頭も馬券に絡むケースは無く、このファクターで軽視するならこれくらいですが、今年はそんな馬は1頭もおりません。


前走が新馬戦・未勝利戦参戦馬ばかりですので、重賞未経験馬ばかりなのはしょうがありません。黄色で表示したのは前走函館競馬場で走った馬です。過去5年間連対馬は函館競馬場で走った馬ばかり。仮に馬連で狙うなら他の競馬場からの参戦馬は軽視しても良さそうです。ちなみにJRAの分析データによりますと過去7年の優勝馬は誕生日が4月9日以前で通算出走数1戦、4コーナーを3番手以内で通過していた馬だそうです。しかし今年この条件に該当する馬は多数おりますので、前走函館競馬場の芝1200mで新馬戦を勝った馬に絞り込みますと、それでも該当馬はウインジェルベーラ、サンダベンポート、スズカマンサク、デルマキセキ、ナンヨープランタン、パッセと多数。軸馬選びはこの6頭からとなりそうです。

前走
前走未勝利戦からの参戦馬で馬券に絡んだのが2013年のプラチナティアラと2014年のタケデンタイガーの2頭。どちらも函館競馬場の芝1200mを勝ち上がってきた馬でした。人気薄なら抑える必要はありそうです。

以上の各ファクターから軸馬を考えると、格のファクターで浮上した6頭のうち、前走レース中の上がり3ハロン1位の末脚を持っていた馬の今回1番人気馬か2番人気馬となりました。この夏は1番人気馬は軸馬に出来ませんので、2番人気馬に何とか頑張って欲しいと思っている次第です。


スポンサーサイト

コメント 0

新着記事一覧