上記の結果表は阪神競馬場で開催された芝1800m、3歳オープンの別定G3レース、毎日杯の過去5年間の結果をまとめたものです。今週末は引き続き4重賞もあるため本日から始動しなければいけません。フラワーカップをハズしたショックは残りますが、次週は取り返していきたいと思います。さてこのレースの三連複配当ですが、2015年までは60倍台のソコソコの中穴配当が続いていましたが、昨年は3桁配当の堅い決着となってしまいました。しかし今年の3歳牡馬路線は混戦模様。皐月賞トライアルは若葉ステークスを除きどのレースもマトモな決着とはなっておりません。波乱を期待して的中のヒントを探りたいと思います。

枠順
2014年を除き、5枠が毎年馬券に絡んでおります。7、8枠の成績もまずまずの印象です。阪神競馬場の開催も4週目に入り内よりも外を廻る馬の方が直線伸びるのはこの成績から見ても明らかです。特に5枠から外枠に入る推定後半3ハロン上位馬には注意を払いたいものです。

馬名
2012年、昨年がOS馬、2013年、2014年、2015年と3年連続でKS馬が馬券に絡んでおり毎年OS馬、KS馬がやたら馬券に絡むレースであります。今年は出走登録段階で角居厩舎、安田厩舎が2頭づつ登録しておりますのでKS馬には注意する必要があります。美浦所属馬ですが、毎年必ず1頭が馬券に絡んでおりましたが今年は全て栗東所属馬。これ以上のコメントは省略したいと思います。

人気
過去5年間で1番人気馬は4回、2番人気馬が1回と1番人気馬の信頼度は高めのレースであります。ちなみに1番人気を裏切った2014年のラングレーは前走2400mからの距離短縮馬でした。この年は1000m通過が59秒台のペースでしたから、速いペースに戸惑ったのかもしれませんね。過去の結果からは7番人気馬までを馬券の対象として考える必要がありそうです。

指数
こちらも過去5年間で指数1位馬は4回、指数2位馬は2回と指数1位馬の信頼度は高めのレースであります。ちなみに馬券に絡まなかった昨年の指数1位馬ロワアブソリューは基準ハイブリッド指数が満たないレースレベルも白抜きでは無い馬でした。過去の馬券に絡んだ指数1位馬は基準ハイブリッド指数超えのダントツ1位馬か、レースレベル白抜き馬であったことが大きな特徴であります。過去の結果からは指数10位馬までを馬券の対象として考える必要がありそうです。完全無印馬が1頭も馬券に絡んでおりませんから印馬同士で馬券は組み立てたいレースであります。

脚質
2015年を除きペースが遅くなろうが速くなろうが推定後半3ハロン1位馬が毎年馬券に絡んでいるレースです。ちなみに馬券に絡まなかった2015年の推定後半3ハロン1位馬ロードフェリーチェは、このレースで1頭も馬券に絡んでいない完全無印馬でした。過去の馬券に絡んだ推定後半3ハロン1位馬は、指数でも5位以上の上位馬でありました。

距離・コース
毎年距離・コース適正のいずれかが4着以下の無い◎の馬が馬券に絡んでいるレースです。ちなみに過去馬券に絡んだ1番人気馬は全て距離・コース適正のいずれかが◎の馬でした。推定後半3ハロン1位馬も1番人気を兼ねていたため同ファクターの条件に該当します。


2014年を除き毎年G3以上の重賞で3着以上の実績があった馬が馬券に絡んでいます。ちなみに過去馬券に絡んだ1番人気馬は全て重賞で3着以上の実績があった馬でした。今年この条件を満たしそうなのがサトノアーサー(またサトノ?)、ガンサリュート、トラスト、アドマイヤウイナーの4頭。どの馬が1番人気馬になるのか注目であります。

前走
前走500万条件戦からの参戦馬は2012年のスピルバーグを除き2着以上の実績が必要なレースです。ちなみにそのスピルバーグですが2走前にG3レースの共同通信杯で3着の実績があった馬でした。近年は共同通信杯からの参戦馬の活躍が目立っていましたが、今年は該当馬が1頭もおりません。

以上の各ファクターを踏まえて軸馬を考えると、G3以上の重賞で3着以上の実績があった、距離・コース適正のいずれかが4着以下の無い◎の1番人気馬か、基準ハイブリッド指数超えのダントツ1位馬かレースレベル白抜きの指数1位馬、という結果となりました。推定後半3ハロン1位馬なら尚良しであります。1番人気馬はサトノアーサーとなりそうなので、指数1位馬は違う馬にして欲しいところであります。ハイブリッド新聞の発表を待ちたいと思います。



スポンサーサイト

コメント 0

新着記事一覧